カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

レデューサー C0.72× <KA20580B>

対応機種:FS-60CB

レデューサー C0.72× <KA20580B>

価格:

44,000円 (税込 47,520円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ただ今メーカー在庫切れのため入荷次第のお届けとなります。次回納期は 6月を予定しています


FS-60C/CBの焦点距離を短くし、像を明るくすることができる補正レンズです。焦点距離355mmのFS-60CBに取り付けると255mm(F:4.2)相当に焦点距離を短くすることができます。イメージサークルはφ40mmになります。
3群4枚のレンズ構成のうち2枚はランタンクラウン系の硝材を使い、非常に高い結像性能を実現しました。縮小率は0.72倍、FS-60CB鏡筒が255mmF4.2のシャープなアストロカメラになります。

※従来型FS-60Cでカメラ回転装置を併用するためには別売の「FS-60CB化鏡筒パーツキット」が必要になります。




RD-C0.72×の主な特徴
FS-60Cが焦点距離255mmF4.2のシャープな望遠レンズになります
レデューサーC0.72×接続例
望遠鏡ではなかなか得にくい255mmという短焦点を実現し、広写野での撮像ができます。 APS-Cサイズなどのカメラでは写しづらかった大きく広がった天体も、RD-C0.72×とFS-60CBの組み合わせがカバーします。イメージサークルはΦ40mmと、35mm版フルサイズに迫る広さがあります。




スポットダイヤグラム
レデューサーC0.72×スポットダイヤグラム
g線からC線の波長域内ではΦ40mmのイメージサークル全面にわたり星像は20μm以内に収束し、デジタル系カメラでのシビアな撮像でもシャープな像が得られます。光量はΦ25mmまでなら中心光量の95%、Φ32mmで80%以上、Φ35mmでも70%以上と、周辺減光を抑え豊富な光量を確保しています。(参考:APS-Cサイズは対角で28mm程の長さがあります)




FS-60CB+RD-C0.72×による作例(画像クリックで拡大)
RD-C0.72×使用時
レデューサーC0.72×使用時

RD-C0.72×不使用時
レデューサーC0.72×不使用時

お客様よりご提供いただきました画像です




接続例
FS-60CB
レデューサーC0.72×接続例60CB
ドロチューブの直後に「カメラ回転装置(税別\18,000)」→「RD-C0.72×(税別\44,000)」→「FS-60C用ワイドマウント(税別\4,925より)」→一眼レフカメラという順番で接続します。カメラの回転が可能な組み合わせです。

FS-60C
レデューサーC0.72×接続例60C
ドロチューブの直後に「RD-C0.72×(税別\44,000)」→「FS-60C用ワイドマウント(税別\4,925より)」→一眼レフカメラという順番で接続します。回転装置の併用はピントが出ないためできません。構図を変えるため回転させたい場合は望遠鏡全体を回転させる必要があります。




ご注意ください
従来型のFS-60C鏡筒にRD-C0.72×レデューサーを併用する場合は下記の条件がつきます。どうかご理解の上お買い求めください。なお、従来型のFS-60C鏡筒をCB化する「FS-60CB化鏡筒パーツキット」を販売しております。RD-C0.72×で最良の性能を発揮するために、ぜひご購入をご検討ください。

<従来型FS-60CにRD-C0.72×を取り付けると>
・CB鏡筒より周辺光量の減少率が大きくなります
 →周辺減光が若干多めになります。背景が明るく写る状況下では注意が必要です。
・回転装置を併用するとピントが出ません
 →回転装置を使わず、RD-C0.72×をドロチューブへ直接ねじ込むとピントが出ます。




主な仕様
レンズ構成 3群4枚
縮小率 0.72倍(355mmF5.9→255mmF4.2へ変換)
イメージサークル Φ40mm
最大径 Φ60mm
全長 約48mm
質量 約200g
取付ネジ寸法 望遠鏡側:M56mmP0.75メス/カメラ側:M52mmP0.75オス








ページトップへ