カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

TOA-130NS鏡筒


TOA-130NS鏡筒

価格:

558,000円 (税込 602,640円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる


TOA-130N鏡筒は驚異的な収差補正を実現した3枚玉アポクロマート屈折望遠鏡です。2枚の特殊低分散ガラスを含む3枚玉を最適な間隔で配置することにより、可視光領域での軸上色収差の完全一致と波長ごとの球面収差をほぼ完全に補正できる設計を完成させました。波長436nmから656nmまでの領域で焦点距離のずれが±0.01mm以内に収まる驚異的な収差補正を達成しております。像面を平坦化させるフラットナー、焦点距離を短縮するレデューサー、焦点距離を延長するエクステンダーなどの豊富なアクセサリーをご用意しておりますので、様々な用途に活用できます。

TOA-130N鏡筒では標準の接眼体を採用したTOA-130NS鏡筒と、大型の接眼体を採用したTOA-130NFB鏡筒の2種類をご用意しています。このページで紹介している鏡筒はNS鏡筒です。眼視や35mmカメラでの標準的な撮影などを中心にお使いの場合ではNS鏡筒、67フラットナーを用いた撮影を行いたい場合などではNFB鏡筒をお選びいただけます。

NS鏡筒は接眼体がNFB鏡筒より軽く対物側が相対的に重くなるので、バランスを合わせるためにウエイトバンドという平衡錘が標準付属しています。アクセサリーバンドとしても使用可能です。別売のTOAグリップというハンドルを取り付けることもでき、運搬・組み立ての際に持ちやすくすることができます。重いアクセサリーを接眼部に取り付ける場合には取り外すこともできます。質量1.6kgと重いので脱着には十分注意してください。


エクステンダーTOA1.6×は生産終了、完売となりました。後継品としてエクステンダーED1.5×が発売になっています。取り付け方法はエクステンダーTOA1.6×と同様で、チャート図エクステンダーTOA1.6×システムのエクステンダー部分を入れ替えていただければ接続できます。ご了承ください。



TOA軸上色収差
TOA-130軸上色収差




他機種との球面収差の比較
TOA-130球面収差の比較




NS鏡筒とNFB鏡筒の接眼体比較
TOA-130接眼体の比較
画像クリックで拡大




主な仕様
形式 3枚玉アポクロマート
有効口径 130mm
焦点距離 1,000mm
口径比 1:7.7
分解能 0.89"
極限等級 12.3等
集光力 345倍
鏡筒径 156mm
全長 1,145mm(フード収納時1,012mm)
質量 総質量:約12.1kg
 鏡筒質量:約10.5kg(ファインダー含む、ウエイトバンド含まず)
 ウエイトバンド:約1.6kg
付属品 7倍50mmファインダー、ファインダー脚、照明ユニット、ウエイトバンド、工具
備考 フード摺動式




システムチャート
写真/眼視
35フラットナー
TOA-35レデューサー0.7×
TOA/FSレデューサー(生産終了)
TOA/FSレデューサー(接眼体延長筒なし)(生産終了)
エクステンダーTOA1.6×(生産終了。エクステンダーED1.5×を使用する際はこちらのチャートを参照してください。)








関連商品

156S鏡筒バンド <KA31420>

36,000円(税込 38,880円)
購入数

156WM鏡筒バンド <KA27420M>

43,000円(税込 46,440円)
購入数

156WT鏡筒バンド <KA27420T>

45,000円(税込 48,600円)
購入数

ページトップへ