RSS

タカハシ製赤道儀、極軸望遠鏡のスケールパターンについて

タカハシ製赤道儀や極軸望遠鏡に使用されているスケールパターンは機種によって歳差補正円や北極星目盛りの対応年が異なります。同一機種でも製造時期によって異なる場合があります。現行のスケールパターンでの最内周歳差補正円、目盛対応年は下記のようになります。

P-2などで採用されている旧式の2重円スケールは外円が1975年(51')、内円が1985年(48')に対応しますが、P型、H型、初期のポーラーファインダー(スケールに文字なし)で採用されている2重円のスケールは外円が1960(54')年、内円が1980(49')年に対応します。後期のポーラーファインダー(スケールに文字あり)は外円が1985年、内円が2015年です。3重円の場合は外円から1985年、2000年、2015年となります。JPは3重円ですが外円から1975年(51')、1982年(49')、1990年(47')となります。

旧式のスケールを採用している機種では現行のスケールに交換が可能です。詳しくはお尋ねください。

機種名
現行スケール最内周歳差補正円、目盛対応年

現行品を含む赤道儀

PM-SP
2050年(※1)
PM-1各種
2030年(※1)
EM-11各種
2030年(※1)
EM-200各種
2040年
EM-400各種
2040年(※1)
EM-500各種
2050年

生産終了品赤道儀

SKYキャンサー系
2050年
H型
2050年
P型
2050年
P-2/S/Z
2030年
EM-10各種
2050年
90S/EM-100
2015年
JP/NJP/JP-Z
2050年

生産終了品極軸望遠鏡

TG-PF
2000年(※1)
スペースボーイ用極軸望遠鏡
2050年
EM-1用極軸望遠鏡
2050年
EM-2用極軸望遠鏡
2030年(※1)
ポーラーファインダー
2050年

※1:初期より変更なし

ページトップへ